カードローンはリボ払いが可能

リボ払いとは、毎月一定額を払っていく方法のことを言います。出て行く金額が良く分かっているので、返済計画が立てやすく、お金の管理もしやすくなるのがメリットです。カードローンは、このリボ払いが可能で、毎月1万円ずつ返済という様な形を取ることが出来ます。

 

また、限度額の範囲内であれば何回追加融資を受けたとしても、毎月の支払額が変わることは有りません。キャッシングの場合は別で、追加融資を受けると翌月はその分をプラスした所から計算した額となります。残高スライド元利定額返済方式が採られている場合は、その前月の借り入れ状況によって金額が増減するので、今月は5000円、翌月は1万円と言う様な感じで変わることも有るのです。

 

利用スタイルによっては月々の金額が変わってしまうので、お金の管理が大変になることも少なくありません。そう考えると、お金の管理を簡単にしたいと思っている人向けの物がカードローンと言うこともできます。しかしリボ払い自体は確かに便利ですが、余りにも月々の支払う金額を減らしすぎると、完済までに時間が掛かりすぎてしまうので注意が必要です。

 

さらにカードローンは何度も利用が可能ですが、月々の支払い額が変わらないので、今自分がいくら借金があるかが把握しにくくなってしまいます。自分で管理する為にも、借金が今いくらあるのかを把握する様にしましょう。

返済負担もばらけさせることが出来るキャッシングなら、上限金利が高いダイレクトワン貸し付けでも月々の負担は抑えられます。